読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画原作者 鍋島雅治 公式ブログ

「築地魚河岸三代目」「検事鬼島平八郎」「火災調査官 紅蓮次郎」など映画化、ドラマ化作品多数ある漫画原作者 作家のブログです。漫画、映画、日々のことなど語ります。

「調布漫画学校スペシャルトークイベント」第二部

ゲスト、菊池健さん。

 

鍋島

「漫画の未来を見据える男」

とボクが勝手に名づけました。

もともと、コンサルタント業をなさってて

漫画編集者でも、漫画家でもない

出版業でもない、外からこの漫画業界に入り

積極的にかかわってこられた方で、

だからこそ従来の漫画業界の枠にとらわれない

視点をお持ちであり、業界を変えていかれるのでは

ないかと期待している方です。

 

菊池さんとは

ボクが先に述べたような状況で(漫画雑誌の部数が

どんどん減り、単行本も売れなくなっていく)

これからの漫画業界はどうなっていくのだろう。

と憂いていて、先行きの見えない不安を抱えているときに、知り合いまして、

そのような状況下にあるにもかかわらず、

トキワ荘プロジェクトは、若い人たちを次々に育て

漫画業界に送り出そうとしている。

菊池さんたちはどういつつもりなのだろうと、

関心を持ってみていたら、

菊池さnはまず、いろんな漫画家さんや編集者さん、

漫画教育者の方々と、

漫画業界のトップランナーから若手まで、

とにかくいろんな方々と会いまくるところからはじめられた。

 

あっという間に漫画について、業界についてとても詳しくなられて、

へぇ、そういうやり方があったのかと、驚いていましたら

色んな作家さんへのインタビュー集

「漫画で食えない人の壁」

続編の「漫画で食えない人の壁」の~プロがプロたる所以編

を出され、漫画家さんたちそれぞれのお仕事の実情や

ビジネスモデルを収集、データー化された

「マンガで飯を食っていく!漫画家のキャリアプラン

(いずれもトキワ荘プロジェクト編著)

を出されました。

マンガ志望者、漫画家さん向けのセミナーや

さまざまなイベントも催されています。

 

そうこうしているうちに最近は、

いろんなウェブコンテンツの人と会いまくっておられる。

先日、京都でもKindleダイレクト・パブリッシングの担当者と

comicoの担当者を招いて

「四畳半マンガ家のためのデジタル戦略講座 ?京都版トキワ荘事業のデジタルコミックセミナー?」

を開催された。

今、菊池さんは、紙媒体、電気書籍あわせて

おそらく俯瞰的に最も多くの情報やデーター、知識や見識を

お持ちだろうと思います。

ですのでさきほど申し上げたように

「今、最もマンガの未来を見据えている男」と

お呼びしても過言ではないと思います。

ので本日お呼びしたわけで

今日は、たっぷりと菊池さんの知見をお聞きしたいと思っています。

 

 

鍋島

漫画はお好きだったんですか?

 

菊池

父親が漫画家志望者で、

家には「ビッグコミック」を買っては置かれていました。

 

鍋島

質問。1

さきほどの鍋島校長の講義をどう思いましたか?

うさんくさくないですか?

 

菊池

うさんくさいですよね

(会場笑)

受講者の人がいるのに

登壇者が前でご飯を食べているのは前代未聞だな

これすごいなと思いました。

(会場笑)

 

外から外からと先ほどからおっしゃられていますが、

もうだいぶマンガ業界に入り込んでいまして、

もう内部からの文脈も分かるようになってきました。

そこでわかったことは

版元が悪い、漫画家さんのどこが悪いという点を

指摘しつづけると、永遠に続くんです。

うさんくさいのはそのままでいんです。

それをどうよくするかと考えことが大切だと思います。

たとえば、前でご飯を食べてていんで、

来た方々も食べられるようにするとか。

そういう風に、場や作品を楽しくするといいんじゃないでしょうか。

うさんくさくないですか?って聞かないほうがいいと思う。

それがいいと思います。そのままいけばいいと思います。

(会場笑)

 

鍋島

質問。2

雑誌は死にますか?単行本は死にますか?ウェブはどうですか?

教えてください。

(鍋島注・これは「防人の歌」というさだまさしさんの歌の歌詞のもじりなのですが、古すぎて誰もわからずにすべりました。)

 

菊池)

紙の雑誌は間違いなく減ってますよね。

役割は、変わっていくんでしょうね。

この間ボクは電車の中でジャンプを読んでいる人を二人見つけて

すごくうれしくなってしまいました。いまどきあんまり見ないですよね。

それくらいになっちゃいましたね。

鍋島)

これまでは雑誌は減っていても、

出版点数、(作品数)が増えているから単行本の総数はさして変わらない。だから作品によってはさほど部数いかなくても、色んな種類、嗜好の小部数のマンガ作品が世に出ていてる。

これをもってして、マンガは実は衰退しているのではなくて多様化して多彩で豊かになっているのではないかという意見もありましたね。

 

菊池)

点数が増えているのは、たしかにそうなんですけれど、2010年か11年くらいの

売り上げの七パーセントくらいがたしか「ONEPIECE」だったんですよね。

そういう意味では一部に集中しているとも言えるんですけどね。

 

鍋島)

じゃあこれから単行本はまだこれから多様化しながら部数的には、あんまり

降りていかないんじゃないか?単行本はまだ出るんじゃないか?

といえるんでしょうか?

 

菊池)

いやぁ、単行本がどうこうではなく

作品が単行本の代わりにどう消費されるていくかが重要かと。別の形ができあがっていたときに、単行本は自然に減っていくんじゃないかと、

今、紙の雑誌が減っているのは、

アプリとウェブで無料で読まれるようになっているのとほぼ同じ意味で

それに移っているだけで、

今、紙の単行本の読み方に代わるものとして当てはまるのは電子書籍

単行本を買うということなんでしょうけど、

それかそれ以上にいいと思うものができてきたら当然、紙の単行本は減るでしょうね。

一方、ウェブのマンガはといいますと、ウェブやアプリのマンガは増えてますよね。

 

鍋島)

最近、ぐっと増えた感じがするんですけど。

 

菊池)

ですねぇ。

これをご覧ください。

(データをモニターにディスプレイ。)

これは「雑誌協会」さんの出されたデーターでして。

*参照

 

2014年後半のこれは三ヶ月単位での、雑誌の印刷数の推移です。

一位のジャンプが260万部

マガジンが 120万部くらいですね。

コロコロだけが、60万部くらいがこの一年であがりまして

 

鍋島)

あがったんですか!このご時勢に?

 

バーバラ

「妖怪ウォッチ」ですね。

 

菊池)

「そうです」

 

鍋島・会場)

「ああ!」(納得のどよめき)

 

菊池)

比較しまして、これがcomicoというアプリでマンガを読む人のダウンロード数ですね。

これは印刷部数とはまた意味合いが違うんですけれど、

どれほどユーザーの人がアプリをダウンロードしたかというと、

900万ダウンロード、ちょっと想像しがたい数で、

マンガボックスが700万から800万です。

ジャンプ+が新人登竜門的位置と、一部の古い作品のリバイバルを載せる形で300万以上ダウンロードされています。

 

紙のジャンプの印刷数が300万部いかないとこで、コミコはすくなくともその三倍の

900万人のスマホの中に入っている。

ウェブの世界ではMAU DAU というのがあって月に一回見る人、一日一回見る人、を指標のひとつとしているんですけど、

comicoの少し前の非公式データではMAUが300万から200万の間くらいでした。

ほぼジャンプと同じくらいが月に読まれている。

マンガボックスもちょっと少ないが百何十万人くらいが毎月読んでいる。

ですからダウンロードされている数にくらべると少ないんですけれど、

目に触れる読まれるということで言えば、ウェブやアプリは、

紙の媒体にほぼ近づいていると言えますね。

 

鍋島)

これまで何度か電子の波というのがあって、

携帯電話、パソコン、アイパッド、の発売と普及を受けても

実は、なかなか電子書籍時代の幕開け、というのはこなかったわけですが、

近年ここにきて、スマホと、アイパッドの軽量化、他のタブレット

普及によって格段に進んだ気がします。

ここ数年が大きな変革の時期なのではないかと。

やっときた。というね。

 

菊池)

そうですね。

日本で企業が、電子書籍に取り組んだというのは2000年くらいに、

イーブックジャパンさんがCDに入れて配り、パスワードを売るというビジネス

モデルをやっていて、そのときの電子書籍の売り上げが、イーブックジャパン

さんの売り上げとほぼイコールで一億円なかったと思います。

2007年、百億円、2010年まではガラケーエロマンガが読まれる時代で、

これ、インプレスのグラフですけど売り上げが一回、下がっているですよね。

これが世の中がガラケーからスマホにシフトした2009年から2010の間に

一瞬下がって、それからはずっとあがっているんですけど、

このデーターの傾向でいえるのはですね、

鈴木みそ先生が電子書籍で一千万円売れましたと、宣言されたあたりまで

実は、アマゾンのランキングの一位を、ずっとみそさんが取ってたんですね。

その翌年、去年おととしくらいから、ランキングにはでられなくなったんですね。

そのタイミングがなんだったかというと、普通にkidleとかに「ONEPIEC」とか「HUNTER×HUNTER」とかのメジャータイトルが売られるようになって出版社がついにアマゾンにも電子書籍を提供するようになったというとこあたりでぐわっと伸びてきてですね、それが、このカーブがあらわしているというわけです。

そういう意味で言うとこの市場が大きくなってきていて、

これはよくあるデーターですが。

 

コミック誌が赤線、1995年がピークでずっと赤が下がってきて、

単行本のほうの青線は横ばいですね。

この二つをあわせたのが、上の紫の数字で、95年のジャンプが

ギネス記録を出したときの6000億円くらいあった漫画の売り上げが、

去年のデーターで3600億円となって実に三分の一くらいなくなっちゃった。

なんですけども、なくなった紙の売り上げの青、

それに電子書籍のマンガの売り上げを足すと、

ずっと下がっていたのが、

なんとなくあがってきている感じです。

 

鍋島)

おお!希望がもてますね!

 

菊池)

まぁ試算に試算をくっつけているので絶対とはいえないんですけど

試算とはいえ一応、2013年がターニングポイントになっていると

私は考えていまして、若干上がってるのではないかと。

今年、来年以降はもっと上がるのではないかと。

 

鍋島)

えっと、ボクは頭が悪いので、数字が苦手なんですが

うかがっただいたいの感じだと、

紙の雑誌がだんだん部数を減らし、それとともに

マンガは衰退するのかなぁと思っていたら、

スマホとか電子でマンガを読む人が増えてきて、

それと相殺すると、マンガを読む人は、読者は。

そんなに減っていない。

もしくは紙雑誌から電子に移行しただけであり

そのぶんをかんがみると

一番ひどいときより、やや上向き加減に

なりつつあるということなのですかね?

 

菊池)

純粋にマンガ読者がマンガを読む。

売り上げという意味だとそういうことなんです。

ただ、どこでマンガを読んでいるかと言う事なんですよね。

紙の雑誌、単行本を買って読みますよね。

電子書籍を買って読むのも当たり前になりました。

 

他に考えられるのが、

マンガ喫茶

ウェブで無料も当然ありますし、

ツタヤのレンタルとか

他にももろもろいろいろあるわけで

マンガを読まれている量というのは上がっているのではないか

 

鍋島)

おおっ!マンガ読者数というのは、

むしろ増えているのではないかと!

なるほど。なるほど。(喜ぶ)

 

菊池)

そこは難しいとこですけどね。

今、高校生がcomicoで読んでいるマンガというのは

所謂「マンガ読み」の観賞には耐えないものなんですけどもね。

 

マンガの市場規模が4,000億円だ3,000億円だという話をしていますが、これだけ注目されて、いっぱいマンガを読む人がいて、書く人がいて、これだけの売上額しかない小さな産業なんですよね。

ファミレスの「すかいらーくグループ」の売上が、1グループでだいたいそのくらい。

ヤマハ発動機」で、単体で一兆円以上ですから。

紙や電子、全部あわせても、単独のヤマハのそれに追いつけないくらいでしかない。

僕らがマンガがマンガがと血眼になって話していますが、それくらいなのですが、

これにはからくりがありまして。

 

 

マンガのある作品が

ヒットしたらアニメになる。

声優ドラマ。映画にもなる、フィギュアにもなる、ゲームにもなる。グッズとかになる。

色んな展開をして4000億円にはとどまりません。

単純にアニメだけで3000億円。

でもこのようなマンガ関係の周辺のメディア産業全体でみると

経産省の計算だと11兆円から13兆円。10兆円超えるとなると。これだと相当な規模ですね。

さらに外側まで、ある作品がヒットしたら鷺宮神社が百万人来るというような聖地巡礼

そこまで運輸観光などふくめると、

50兆円くらいに「影響を与える」と言われています。

「原作」「キャラクター」「ストーリー」が展開していくものだと。

なので、紙が売れた売れないで一喜一憂していいものかと。

 

鍋島)

でもその割りに原作者である漫画家への利益分配が少ないんじゃないかと

言う(海外などと比べて)意見もありますが。

 

菊池)

逆に外から来た身で言わせていただくと、

よくそういう編集部が悪いとか、漫画家が悪いとかいう議論になりますが、

ボクは別に悪いとか、良いとかないと思っているんです。

たとえば95年の頃は当時の漫画業界の仕組みは最強で、すばらしかったわけです。

あの頃があったからこそ、これだけマンガがヒットしたわけで

当時はそれであっていたわけで、これから変わっていくけど

さてどうしましょう。

って話なんですよね。

 

とにかくボクは学んだんですが、

マンガ業界でどこが悪いという指摘は

まったく意味をなさないと。

やめたほうがいいと思います。

ただひたすら、次どうしますか?って考えて、粛々とやるって話だと思います。

 

鍋島)

ボクもこれからの話だと思います。

どうせ仕組みが、変わるんだったら、

さっき話したように、

僕らに作家にはできないこと、

作家には苦手なこと、

それらを、お願いしますよといったときに

よし代わりに上手にやってやろう。

よっしゃ!かわりにどんどん売ってやろう!

映画やアニメや海外までも売ってやろう。

という、編集者さんが出てきてくれたら

うれしい。

そういううまい関係が

作っていけたらいいなぁと思うわけですよ。

 

 

鍋島)

(パチンコ、映画化などの二次使用権利の副収入の生々しい話)

ですからアニメ化とかされたら、

その点はけっこう美味しい仕事ではありますよね。

 

菊池)

十兆とかさっき言いましたけど、

その横でいわゆる二次利用、といわれるキャラクタービジネスだったり

アニメや映画化も二次利用なんですけど、

その市場がこの10年で5000億円が1兆5000億円になるくらい何倍かに増えたんですよね。

ですから講談社も、集英社もそうですけど、

自社がかかわる版権の作品がアニメ化したりに注力しはじめた。

昨今、えらい古い作品のドラマ化とか映画化とかが見られるのは、

自社の版権の再利用でもありその瞬間に電子書籍を裏側で仕込んでおいて

ドラマが出たら電子書籍が売れるとかですね、

ま、そういう狙いはだいぶ実は出版社の方々はやってるんですよね。

 

鍋島)

そろそろ何年か前からやりはじめましたよね。

去年の「ホットロード」とか世代的にも自分史的にも

大好きな作品ではありますけど、

いまさら映画化かよと驚きましたものね。

27年前に終わった作品ですよ。

(*注・、『ホットロード紡木たくによる日本の少女漫画。紡木の代表作であり、『別冊マーガレット』(集英社)に

1986年1月号から1987年5月号まで連載された。単行本全4巻(絶版)。2014年に映画化)

 

菊池

今のマイルドヤンキーにも刺さったみたいですね。

(注・映画『ホットロード』は2014年8月16日に公開され、2日間の動員は28万4367人

(3億8924万2000円)最終的には興収25.2億円で年間15位)

 

鍋島)

うまいですよね。

今、「ホットロード」をぶつけるあたりが、

うまいなぁと思いました。

 

菊池)

今のマイルドヤンキー層が好きな俳優さんを持ってきたみたいですね。

私自身はよくわかりませんけど。

 

鍋島)

能年 玲奈さん?

 

菊池)

いや、男の子の方。すごい人気らしいですよ。

(*注:登坂広臣三代目J Soul Brothers)メインボーカル。彼の俳優デビュー作)

 

鍋島)

マイルドヤンキーブームというかね、

今、実は最も購買力があるとも

言われている今の地方の若者の層、

わざわざ都会に出て、頑張らなくとも

地元で幼馴染の仲間たちと仲良くやってれば幸せじゃん。

みたいな「湘南の風」あたりからの今の若者の雰囲気と、

ホットロード」の当時の湘南の地元に密着して生きる

暴走族の若者の時代の雰囲気とマッチしたんでしょうね。

抗争とかいろいろありますが、最終的には恋愛物として、

地方に根ざして小さな家庭生活を営み始めるというラストもね。

ヤンキーではあるけど、六本木に出てハングレになって黒社会

トップ目指して金儲けてビッグになってなんて

一時代前の不良少年物みたいなことはしないもん。

というね。マイルドなヤンキー。

ヤンキーというか不良でもない普通のちょい悪労働青年の感覚と

うまい具合にはまりましたよね。

 

質問

鍋島)「ウェブの漫画について」

ウェブ漫画といって、サイトから単行本をダウンロードする形式、新しい「漫画onWEB」のような雑誌形式、メルマガ方式とかいろいろありますが、今はどれが主流で、どんな形になっている。のか、くわえて最近の傾向として「無料」というのが多いですが、あれはなんで無料なのか?

どうやってマネタイズしているのか?

すごい不思議なんですが。

 

菊池)

 

comicoに関して言うと、現時点で全てを回収できるマネタイズは確立してないですね。

LINE漫画というアプリは1100万ダウンロードを超してまして、東京都民の人口に届くかと言うくらいすごい数ですね。

主流は、スマホであり、アプリであるのは間違いないですね。出口としては。

それがどう稼ぐがということですが。

昔はよかったんですよ、紙の雑誌が売れて単行本が売れてさえいれば出版社さんも作家さんも潤ってたんでよかったんですが、アプリとかITとかのビジネスになってきますと、たとえば、アプリ一個売ったから百円というようなシンプルなビジネスの作り方をしないんですよね。

プラットホームビジネスと言われているんですが、これは例としては、これは学校で学生に教えるときに、デビューの場はこんなのがあるよ。という説明に使う図なのですが、

*図、参照

上の三つはすごいヒットして八百万とか数字を叩き出してますが、まだ一年半なんですよ。せいぜい。

その中で比較的老舗で、エブリスタという、ネット小説を中心としたサービスがあります。これはどちらかというと鍋島先生とかと関わるのかと思うのですが、2010年あたりから始まった携帯小説の流れ、あの頃に出てきたプラットフォームで、たぶんここにいるほとんどの人がエブリスタの作品を読んだことがないと思うですけども、「王様ゲーム」とか「奴隷区」とか実はかなり売れています。まさにこれがマイルドヤンキー、地方の人たちに読まれている。しかもエブリスタは自分たちを雑誌のように標榜していなくてエブリスタとして自分たちも作品を売ってるんですけど、その作品をたとえば、ドコモのDストアに卸したり。面白いでしょとみなさんに評価された作品を原作としてマンガ雑誌に売り込んで、原作として使ってもらって漫画化する。

始まって五年くらいですでに200作品漫画化していてですね。

300冊上の漫画がエブリスタからスタートした原作として世に出ている。

携帯小説サイトとして作ったんですけど、結果的には漫画原作者育成サイトになっている。

「小説家になろう」というサイトもそうですね。

そういうのも増えている。

では、このエブリスタがなにで儲けているかというと

シンプルにこれで売っているというのは明確じゃない。

一つ一つの作品を、400文字以上のものを一個売るのに40円。とか人によっては10円とか値付けをして、

プラットフォームはそのうち三割取るという形をとったりしています。

今度、じゃあエブリスタの中で売れた作品を漫画化しますとなったときに雑誌と話をして単行本が出るときにいくらもらえるとか、映像化したときに、これだけの値段で交渉してこれだけ入ってくるようにしますなどを考えます。プラットフォームビジネスをしようとしている人って一個のことだけで設けようとしていないんです。そのほうがポートフォリオというか安定した収益を得られるということもあると。

鍋島先生の質問は作家はどう稼いだらという質問だと思うんですが、作家にとってはアプリとかウエブで食べていくというのが今後増えていくと思うんですけど、そうなったときになんか一個だけで稼ぐというのは、ないのではないかと思います。そのプラットフォーム上でいろんな事をやっていて、それでいろいろ稼いでいく。いま、一番不思議がられているのはcomicoですよね。あくまで無料で読める。ぜんぜん儲かってないでしょと言われるんですけど、そもそも現時点では儲けていないんですね。たとえば単行本を出す作品が百作品連載されているうちのたとえば七、八、作品くらいですね、出ているのが。

当然、ジャンプほど出ていないですけど、それも収入の一部と考えているようです。

comicoはLINEをやっている会社、もともと同じ会社だったので、

comicoの作品をLINEのスタンプとして販売したりとか、グッズ作ったり、イベントやったりとかアニメ化したりなど、企業単独で様々なことをしています。先日は、一気に5作品をアニメ化するって発表していましたね。あとですね、ついさっき人から聞いておもしろかったんですが、同じようにcomicoと同じおととしの秋にスタートしたマンガボックスの話です。去年一年でいうとむしろマンガボックスの方が話題になったと思うんですが、樹林伸さんが編集長で入って実質、マンガボックスというアプリを出している「DeNA」*の現場に講談社や銀杏社の人とかが沢山入って、ネット上のアプリにも関わらず、すごくこれまでの雑誌っぽいつくりかたでマンガを提供しているのですが、やっぱりDeNAのDNAっていうんですかね?

(鍋島、会場、爆笑)(←すいません、私こんなダジャレ言いましたか??(笑))

確かに言ってます(笑)

で、ですね、新人を見出していく場としてインディーズというのを作ったんですね。

マンガボックスでは、メインのスペースでいわゆる雑誌のような連載作品を掲載しているかたわら、誰でも新人が、作品を投稿できるインディーズと言う場を作っています。

ここで人気が出れば、引き上げて本誌連載みたいにするという仕組みです。

 

鍋島)

なるほど、これまでの紙雑誌の本誌に対する増刊とか別冊のように二軍として、comicoっぽいものをつけたわけですか。

 

菊池)

そうです、そしてその中のクオリティが最近すごい上がってきていて、一位の二位の作品なんてこれどうみても、この仕上げ方は完全に原稿料もらってやる仕事ですよね。

こういういのがランキングの一位に出てくるような傾向があるんですね。

あと、驚くべきはこれです。

数字が二つありますが、左側のハートマークはこの作品を読んだ人がイイネってやってくれた数です。二十九万五千四百十三。一銭ももらわずに描いた作品に二十九万の人がイイネと言ってくれている。読んだ数じゃないですよ。

読んだ人の数はこっちです。

二千五百六十五万六千三百四百四十八人。PVなんでページをめくった述べの数字なんだと思うのですが、この原稿料も出ていない新人(のはず)の作品が、

二千五百六十五万回、人の目にふれている。

これは尋常じゃないです。

 

鍋島)

なるほど、このデータは皮肉に意地悪に読めば、二千五百六十五万人のうち、面白かったと言ってくれた人は二十九万人しかいなかった。大多数はおもしろくないと言ったので、この作品はパーセント的にいえば、つまらないんじゃないかという言い方もできるけど、

どんな面白い作品でも、世の中の評価というか面白いというパーセンテージとは、実はそんなものなのかもしれない。となると、

これまで紙の媒体だと、一人の編集者や数人の編集部を通過しなければならなくて、その人たちがこのイイネおさなかった大多数の人だったかもしれない。

その可能性は高いわけで、だとすると、この作品は、ゲートを通過できずに世に出なかったかもしれない。

けれどウェブだとこうやって数字で出ると、二十九万人の人が面白いと思うマンガなんですという評価がつくというか、はっきり言えるんですね。

編集者一人に面白いといわれなくても、世の中に公にとれば面白いと思ってくれる人はこれだけいると、もいえる。

それで一位とってるんでで、一軍で使ってみましょうかと、なることもあるわけなんですね。

 

菊池)

そうなんです、ですからこのマンガボックスインディーズというのは、おもしろい企画なんですが、ここで上位にいる作品が、違う雑誌、他社で、連載が始まることもあるんです。

なかでもすごい露骨なのが、この画面に出してるこの作品、インディーズのところに「単行本一巻四月発売」って書いてありますね。これ他社から出るんですね。調べたんだすけど(*****)ですね。

(鍋島・会場爆笑)

 

鍋島)

だってこれだけのファン層がすでにいるんですものね。、

 

菊池)

八百九十万インディーズで見られている作品の単行本が出るわけですよ。

これすごくないですか?

講談社とDeNAがやっているプラットホームで、載っている作品の単行本が他社で出るんですよ。ジャンプ連載作品が角川が単行本出すみたいな感じですよね。

 

鍋島)

まぁ昔は少年サンデーの連載作品の単行本の版権を秋田書店が取りに行って頼んだら、いいよってあっさり言われて、出したので秋田書店の「サンデーコミックス」になった。

という話はありますが、それくらいの創世記ということなんでしょうかねぇ。

 

菊池)

これは、そういう意味では2ルート考えられますよね。

がんばってインディーズで連載しているうちに、誰か他社の編集者さんが気に入って目を付けて、うちで単行本を出しませんか?といってきた。という話なのか、

それとも、あるいは、ある編集部さんがうちで連載するよりも、マンガボックスのインディーズで掲載したほうが読む人が多いから、それで告知効果があってそれを単行本に出せば売れるんじゃないかと、ということで出しているのかもしれませんね。

 

鍋島)

今はそういう、持ち込みを待ってるだけではない、ウェブを使った戦略を立てている若手の編集者もいるかもしれませんねぇ。

 

菊池)

そういう意味では、今は編集長が自分の編集部のスタッフをキャスティングするときに、

この人はベテラン作家さんと仲良くてそういう人たちと付き合う編集者さん。

この人はコミケでいい作家さんを拾ってくるやつ

この人はコミティアなどの出張編集部で探してくるのがうまい人

この人はウェブから引っ張ってくるのがうまい人と

いうような配陣で、キャスティングしますね。

それでないとチャンネルが少なく弱くなると。。

 

鍋島)

なるほどねぇ。今はそんなんなんですねぇ。

時代が違うなぁ。

逆に見ればそれが一位をとるとは、それくらいのもんなんだなぁ。

 

鍋島)

そうなると、これからは、無料ってのが普通になっていくんですかね。

作家さんの中では、俺の心血注いだ作品をタダで読ませるなんて。という抵抗感があるほうが多いようなんですよね。

 

菊池)

その意識はわかりますし、否定しないんですが、起きている現象で考えると、雑誌ランキングで雑誌単体で黒字になっているのは上の四つだけで、その下は赤字なんですよね。

紙で作ることは絶対に意味のあることなんですが、出版社とかパブリッシャーの方で考えると、有料で出すか無料でだすか、紙とかウェブとかあまり意味がなくなっている。

すでにジャンプというものがあって流通網もできていて人に知られているからジャンプという名前で出すことには多いに意味があるけど、

新しくこれから参入するとか、現時点で赤字とか。そういうとこが有償でやるというの難しい。だから無料で最初読ませるというのはやってる側から言うと無理からぬところがある。特に新しくやるとすると有償でやるというのはなかなかに難しい。

 

鍋島)

なんですね。漫画家も版元も従来とはいろいろと意識改革が必要だということなんでしょうね。

 

鍋島)

質問「ウェブに漫画が出てきて、従来のような読ませ方や。メクリとか、横スクロールとか、縦スクロールとか、吹きだしのセリフも縦書きがいいとか横書きがいいとか。いろいろと漫画化同士でもツイッターで喧々諤々論議されましたけど、菊池さんはこれからどうなっていくのがいい。これからの漫画化はこのフォーマットがいいんじゃないかというのはありますか?

 

菊池

スマホで一からやるんだったららどうしても「カラー&縦スクロール形式」が強いでしょうね。

comicoは一つの形になりましたし。

追づいする人は多いですしね。

 

 

鍋島)

雑誌から単行本が出て文庫になったりした時もそうだけど、メディアやデバイスの変化によって見せかた、書き方が変わるのは仕方ないよね。けっこう完成している漫画の文法を捨て去るには勇気がいるだろうけど、そのまま活用できるものもあるだろうし、そのデバイスになったからこそ生まれる文法や演出法も出てくるだろうし。

 

菊池)

今、過渡期なんで、むずかしいところですよね。

森川ジョージさん(はじめの一歩の漫画家)さんとかは、マガジンの電子化の時に、自分は載せないと言い切って、それは雑誌の見開きで読むように設計して一歩を描いているからと。

 

鍋島)

特に「はじめの一歩」なんてそうですよねぇ。メクリからの見開き使うのすごい上手で、見開きだからこそのあの迫力ですものね。あの技が封じられちゃうのはいやでしょうね。

でも、あの先生ならマガジン電子化だけになって縦ロールだけになっても、違う迫力のある演出を考えそうですけどね。縦揺れのデンプシーロール(はじめの一歩の主人公の得意技で左右に体を揺らしながら相手の懐に入っいく)とか(笑)

 

菊池)

comico(縦スクロール)の中でも日本刀で斬る描写で頭の上から刃が入って、ずっーと縦スクロールで体に入って足の先まで斬っていくとこを描くことで一刀両断にした迫力を出す。とかいう演出もあったんですよ。

 

鍋島)

なるほど、そういう縦スクロールだからこその演出は素晴らしいですね。

たとえば紙で見開きだと右ページ見ながら実は左ページが目に入っているから展開やオチが見えちゃうという問題があって、そこに制約があるんですけど、縦ロールだと見させないで驚かすことができますものね。小さな尻尾の一部を見せてたどっていくと大蛇だったとか。

菊池)

逆にcomicoで難しいのは、大河的な作品、大きな画面構成のある作品が苦手のようなんです。「キングダム」とか大迫力の広大な戦闘モブシーンがあるんですが、あれを縦スクロールで描くのは難しいんですよ。

 

鍋島)

ああ!なるほど!あれは無理でしょうね。サイズ変換しても。

 

菊池)

「そうなんです。「パノラマはちょっと無理だよね」的な。

結果、comicoは今、大河的なものではなく、ほのぼの系であったり、キャラ物、ファッション系とか、そういう流れになってます。

 

鍋島)

なるほどデバイスの持つ特性による作品内容の向き不向きがあると。

 

菊池)

そこらへんは今後どうするかですねぇ。

 

鍋島

でも、パノラマテレビがだいぶ普及しているし、今はUSBの形したコンピューターとか、スマホと対応したテレビとか、そういう大河迫力物はスマホで落としてテレビで見るとか、そういうことにもなりそうですけどね。

 

菊池

今はスマホ一辺倒ですがこれからモニターに映すとかプロジェクション的にどこかに映すとか、グーグルグラス的な目の前に映しだすとか、デバイスはいろいろ多様化するでしょうね。

 

鍋島

しかしデバイスはいろいろ変わってもさっき言ったように(前講義)漫画スキルというのは割とどうにでも対応がきくというか、普遍的なスキルだと思うんですよ。

だからこそ、今、漫画スキルを学ぶことには意味があると思うんですけどね。

どうなるかわからない不確定要素の多い過渡期であるからこそ、普遍的でベーショックなスキルが大事なんじゃないかと、思うわけです。

 

鍋島)

質問

「これからの漫画化はどんなスキルを身につけておくと、デジタル時代、ウェブ時代、過渡期のためによろしいでしょうか?」

 

菊池)

やはり基本的なデジタルスキルは重要でしょうね。

すでに作家としてのスキルのある人はデジタルできる人と組めばいいんですけど、

今の19歳~20歳の新人がアナログに自分はこだわるんです。パソコンできません。

というのはやばい。

すでに基礎教養というか最適なビジネスができるためには英語しゃべれるのと同じようにあたりまえになってると思うんですよね。

 

今の漫画家さんと昔の漫画家さんの大きな違いは、今の漫画家さんは、昔より世間のことなんかがわかってなければならない。

話を作るにもそうなんですけど、この絵が新人作家に、今の作家がどこでマンガを食べていくか選択肢をかいた図です。何があるかというと、まず雑誌でデビュー、二度目の連載がもらえたらまぁ食べれる。あとは、デジタルと同人。

デジタルコミックのマンガボックスはこの一年半で50本以上の連載を立ち上げて、コミコは100本以上。百何人の連載作家が生まれていて、その人たちはほとんど専業漫画家として食べていける。

他にもkindleの作家は少ないですけど、いますし、エブリスタでも専業でやってるひとはだいぶ出てきていると聞いていますし、デジタルコミックの世界もまあ、あるだろうと。

あと、同人作家ですね。

うちにですね、年に一回、東京と京都で漫画化向けの確定申告講習会をやっているんですよ。

漫画家さんの確定申告てけっこう専門的なので、普通の人ってよくわからないので、たとえばネームを喫茶店でやるんですけど、これは経費になりますかと、言ったときに、ネームってなんですか?ってとこから始めなきゃいけないので。そういう事(確定申告講習会)やってるんですけど、そこで、過去、二人、同人で家を建てたって人がいます。

母と同居しているんですけど、というからパラサイトかなと思ったら、私が同人で建てたんです。と、(会場、どよめきと(笑))

まぁそれぐらい同人で食っている人がいるのはあたりまえですよね

 

 

 

菊池)

うちで言うと、プロになった人の十人に一人くらいはそうなんですけど、まぁ創作にいかなかった。

商業系のビジネス書を漫画化するようなコミカライズの仕事を受ける人とか、あと広告。今、圧倒的にアド漫画さんてサイトが強いですね。

そういう広告の漫画をやってる道もあります。

 

鍋島

そういえば最近、なんとか経済学とかなんとか心理学を学ぶ漫画という新書に近い漫画もよく目につきますね。

 

菊池

多いです。実は去年ですね、「七つの習慣」を漫画化したやつがあって異常に売れたんですよね。

十万部クラスで売れてビジネス書クラスでそれだけ売れるのはあんまりない。

あと、「アドラー心理学」とかですね。

ビジネス書って一定の売り上げが見込めて、それを漫画化するとさらに売れるという。

今、ピケティとか。単品の企画物の漫画けって一定の需要があるんですよね。

それと広告漫画が似ていますけど、ジャンルとしてあるのではないかと。

 

鍋島

そのように漫画家として食っていく道がこれくらいあるよ。と、いうことですね。

 

菊池

こっからさらに先生(漫画教育者)なるって道もまたありますね。

 

今日のイベントの大きなテーマとして、「漫画業界に今入る意味」というのがあると思うんですけど。

実際ですね「漫画家になりたい」という人は増えているように見える事象があってですね。

現在、専門学校で漫画を教えているところ、は支店学校を計算に入れると、全国に漫画を教えるコースを持っている学校が約100校あります。一つ一つは20人から100人くらいなんですけどもね。同じく大学は22校あってですね。この専門学校100校、大学22校でマンガを勉強している現役学生が5000人位います。うち1300人が京都に集中しています。

 

鍋島

京都、多いですものねぇ。

 

菊池

そうです。京都精華大学が学部生徒で800人、大学院生徒で100人の900人を擁していて、他に専門学校、大学含めて七校あって、1300人くらいいると。

で、うちはそこでシェアハウスをやっていると。

尋常じゃないですよね、五千人も漫画勉強している人がいるとは。

 

鍋島

以前、漫画学校の教授に、ボクが「君らはこれらの生徒を全員プロ漫画家にするつもりかね?」と聞いたら、「鍋島さん、文学部を出た人が全員、小説家になるわけじゃないでしょ?音楽大学出た人が全員、プロミュージシャンになるわけじゃないでしょ?」「ただ学ばないより学んだ方が人生が豊かにするでしょ?芸術とは人生を豊かにするために学ぶものです」と言われて、なんとなく「なるほどなぁ」と思った事があります。

 

菊池

な、感じで、なんとなく志望者は増えている気がしますね。

他にもたとえばコミティアとかご存じかと思いますですが、あそこは昔はビッグサイトの一館だけだったのが、今では二館が当然になって三館にまでおよぶかという。

あれは一館で800サークルくらいですかね。要するに、来ている人は何万人もいるわけですが、マンガ描いて出している人は、サークルレベルでも普通に年に4回三千サークルとか普通にいて、やってるわけですよね。

コミティアの中村さんに「最近、京都で漫画勉強している人が千人以上いるんですよ」と言ったら、「そんなのぜんぜん少ないよ」と言われて、ゴールデン街でお教えをうけました(笑)

 

今度、角川(KADOKAWA)がシンガポールとか、漫画の学校を出してますよね。

 

菊池

マレーシアと台湾でもう始まってますね。

 

鍋島

ボクの友達の漫画家さんも今、それでシンガポールに行ってるんですけど。

ボクもいつか調布漫画学校インドネシア分校、バリ支学校、ウブト校とかヌガラ学校とか作りたいと思っているんですけど(笑)

この動きって、実は漫画を教えているわけですけど、漫画読者を増やす。

漫画にかかわっている人を増やすことで、漫画読者を増やそうとしている。

昔、「ミユキ野球教室」というテレビ番組があって、全国の少年たちにプロの野球選手が漫画を教えて野球少年を増やし、少年野球が増えて学校に野球部を増やして、野球が隆盛をみた。

そういう事をやろうとしているのだそうなんです。

だから全員がプロの野球選手にならなくても、それを生涯楽しめる。

職場で野球部作ったり、草野球やったり、プロ野球のファンになったり。

野球を学ぶ事で人生が豊かになった。

全員がプロの漫画家にならなくてもそういうことがあってもいいのかなぁ。という気がします。

昔の漫画家は漫画家になる夢がかなわなかったら、それは挫折であり、都落ちであり、時に餓死や自殺だったりしたわけですが、今は違うんじゃないかと、その人にとっては挫折かもしれないけど、それはそれで草野球で楽しめばいいんじゃないかと今は思ってますけどね、無責任のようですが。

 

 

初めてこの同人誌出してコミケで。やってみたんですけど、これプロで三十年近くやっていた身からしても、すんごく楽しいですものね。

 

 

菊池

「矢野総研」の調査によるとですね同人誌市場規模って上がってきているそうなんですが。

 

 

菊池

即売会の漫画販売と専門店の販売以外のフィギュアとかの販売を含めた同人周りのグッズを入れた数字ですね。

抱き枕とか、あれ抱き枕って知ってます?すごい過激なの?

 

鍋島

知ってますよ。抱き枕でしょ?

 

菊池

たぶん鍋島先生ご存じの抱き枕とか違うくて。

 

ボクが知っているのは漫画ゴラクが出した「ブラックエンジェル」「ザ・松田」の

抱き枕です。

はい検索してみましょう、これ。

あのザ・松田(平松伸二先生の作品で、少年ジャンプやゴラクで活躍したマッチョな男キャラ)がほぼ裸で、寝ているという、一部の人に大人気な。

(場内大爆笑)(鍋島おおはしゃぎ)

鍋島

では、今回のメインテーマであります、

「今、漫画業界に入る意味とは?」についてですが、

ずばりあるとお思いですか?

 

菊池

意味があるとかどうかというか、やりたきゃやればいいいんですが

ただアプローチは考えた方がいいですよっていうのがあります。学校で漫画学ぶのもいいし、学ばなくてもいいんですけど、長期的戦略を持った方がいいとは新人さんたちには言えます。

お笑いの若手芸人が、若手って呼ばれている人が、みんな40代になっちゃった問題というのがあるんですが漫画志望者もほんとに少年とか低年齢向けだったりとかなら若いうちの方がいいのかもしれませんが、青年誌向け以上の作品を作るのには、若い者では難しかったりします。

よく言われる話ですが。せいいっぱい書いて、一本目の連載が終わったあとにもう続けられなかったりするというのは、今、漫画作るのがいろんな意味で大変になっている。

知識もなきゃいけないし経験もなきゃいけないということが多分にある。

漫画家の理想としては、自分の経験のないものでも書けるようになることがあると思います。鍋島先生のように丹念に取材したりとか。でも、それもある程度自分を鍛えなきゃできない。

一方でコミッティアとかコミケとか練習し続ける場所はいくらでもあるから、デビューするのは後でもいいのかな。と思ったりしているんですよ。

たとえば安倍夜郎先生(「深夜食堂」など)は掲載が41歳ですね。早稲田の漫研ご出身で、大学出て20年くらいCMディレクターされて、その経験からやっぱり漫画家やりたいって思って描かれて兼業から専業になられて、ああやってヒット作を作られたりするわけじゃないですか、そういう道もあるわけですよ。

だから、昔みたいにとりあえず漫画家志望者やって三年くらいやったら、それ以降はずっと志望者だけをずっとやり続けるのではなくて、ちょっと引いて、就職しながら漫画描いていこうかなという?だからうちは入居者の居住三年なんですけど、それ以降は、一旦暮らしていける仕事についたりして、コミティアとかで漫画を描く練習を積みながら、とかいろんなそういう長期的な作戦を考えたほうがいいんじゃないかなと、思います。

ですから、意味があるかないかと言われたら、やりたかったらやる意味はあるんですよ。

最近は、メジャー週刊誌に連載する作家さんでも、27歳くらいから漫画初めた人もいたりしてですね、そういう戦い方もあるんですよ。

 

鍋島

今はそういう戦い方は多様化しましたよね。

昔の少年誌に電話して持ち込みたいんですって、言って会いに行って三十過ぎのおっさんだかったら「君、何しに来たの?」って言われたそうだものね。

 

 

菊池

先生に言われたので準備をしたんですけど、今の例で言うと、

昔の漫画家志望者でうちの入居者はまじめなひとばかりしかいなかったのですが、

これはカメントツさんといううちの入居者ですが、ツイッターでつぶやいた「鳥さし」(長崎県の伝統的な踊りでほぼ全裸で踊る珍妙な物)というネタを見ていただきたいんですが、このようにネタによっては、

Twitter上の一つの4コマ漫画で、一万五千リツーイートくらいされたりしているんです。

 

鍋島

これ、ボクの故郷のすぐそばです。

 

菊池

このリツイートがきっかけで、仕事が来たということもあったようですね。その結果、今ですねオモコロというサイトで漫画のコーナーを持ってやることになったんですよ。

要するにツイッターとかでネタをやっているうちは一銭にもなっていないんですけど、その結果、このサイトとかに呼ばれて漫画を描くようになったんですよね。

こういう方向性もあるにはあるんでしょうね。

これが食えるようになるかというと、これからまだわからないですが、多くの人にリツーイートされて多くの人に読まれる知られるというのは大事で、これもまた一応新しいプロの形なんだろうと思います。

 

 

 

菊池

でもネットも難しくて、漫画としてはこの「おじいちゃんネタ」の方が絶対に面白いんです。でも沢山の人にネットで見られているのはこっちの「鳥さし」ネタなんです。

これ、タイミングとか、どうツイートしたかとか難しいんです。

 

鍋島

いつツイートされたか、ツイートってその時かぎりで流れるものだし、本当に面白いものって意外とリツイートされないんですよね。

本当に面白いものが分かる人って実は少ないんですよ。

われわれ作家が面白いと思うものより、一般の人はもっとあっさりしたわかりやすいネタを面白いと思う傾向があると思います。

 

それはでも雑誌で描いてても一緒で、心血注いでこれは面白いと思ったもの、たとえば構想何十年、本当にやりたかった事をヒットを出したご褒美としてやらせてもらったものは、たいていコケる。

実際に大先生が思い切り振りかぶったものは他の人が読むと面白くない。

 

 

鍋島

コナンドイルが、名探偵シャーロックホームズシリーズをホームズを死なせて、終わらせて、出した中世騎士物語が全然売れなくて、もう一回ホームズを生き返らせることになったりもしてるからね。

 

 

鍋島

だから本当に面白いと思う事をやりつつ、みんなにわかることもやる。という、それはネットに限らず、作家になった以上はみんなくぐりぬけていかなきゃいけない問題だからね。

ただネットはその差が極端だとは思うね。

 

 

菊池

今はネットの方もやれないくらい忙しくて、いいきっかけにはなったようです。

だけど、やっぱり王道は作品作りで、さっき先生は今連載ないけど印税でそれなりの収入があるとおっしゃったけど、あれは、創作したかどうかなんですよね。

受注物というかその時その時に出している漫画と創作の大きな違いは、創作は後からお金になってくる可能性があるということですよね。

 

鍋島

ボクが良かったのは原作者なので、いっぺんに色んな人とやっていて作品数が多いんですよね。だからそれらが再販されたりネットで流れると少しづつお金になっていくという。

期せずしてね。

ですからトキワ荘やろうかと思ったりもするんですけど、今、持ち物件があって空家だとか、広すぎてもてあましているだとか、家賃が高くて困っているとかいう人は、菊池さんこちらに話を聞いた方がいいですよ、

今、トキワ荘プロジェクトはどんな感じです?

 

菊池

今、東京に22軒、京都に4軒、シェアハウスにしている一軒家を持っていて145部屋、8年間活動して、350人以上の人に部屋を提供してきました。

デビューの総数は今日現在で48人ですね。

結構な数の雑誌に連載しましたし、

映像化した作品もあります。アニメ化はこれからですね。

これが一番根っこの事業です。

この写真がその一つですね、この写真に写っている人たちは、月刊誌や週刊誌に連載していたり、大きな賞を取ったりしてます。

これは、中でも良い話してしまってますがこんな風に暮しながら漫画描いています。

他に、イベントとかもやってましてですね。

漫画の講習会とか、京都では出張編集部をやってますね。

40編集部くらい来るとこに300人くらいの志望者が持ち込みをしたりしています。

他にさっき話しました漫画家向けの確定申告講習会とか、

このように専門的なイベントとか講習会とかやっています。

最近は私、マンガHONZというところで漫画の書評をやってるんですけど、主催がホリエモンなんですよね。

漫画系のイベントの司会をさせてもらったり、他に、漫画家支援の研究書籍を出してまして、要はどうやったら漫画家になれるのかを研究して、研究するだけではつまらないので本にしているんですね。

こっちは(「マンガで食えない人の壁」)アマチュアがプロになるときに超える壁ってなんですか?と十三人の鍋島先生とか、すがや先生とかプロの先生に聞いています。

これも面白い本ですが、こちらの続編では(「マンガで食えない人の壁、プロがプロたる所以」)僕らが聞いちゃうと質問が一緒になっちゃうので、プロの人がプロに聞くというテーマで、編集者の堀江信彦さんと佐渡島康平さんとか、漫画家の、新條まゆさんと樹崎さんとかに聞くとか、etc・・・)対談してもらっている。

痺れるのは上條淳士先生の言葉で「壁の中で一番低い楽な壁はデビューするという壁です。

その壁はとっとと越えてください」

と、超えた向こうから言うわけですよ。

他に言うと、

「マンガでメシを食っていく! 漫画のキャリアプラン

とかもあります。

まぁ、このように本を作ったり、しています。

 

各誌の編集長さんから話を聞いてサイトで連載しているんです。

最近では「ビーム」や、IKKIの後継誌の

「ヒバナ」の編集長インタビューもやっています。

 

で告知ですが、先日、京都で「デジタル戦略講座」というのをやりまして、comicoとamazonのKDPの方に来ていただいて、地方の作家さんが東京に来なくてもデジタルを使えばやっていけるんじゃないの?というテーマのシンポジウムやりました。これとてもうけたんです。すぐ満席になって参加者の二割くらいは京都に7校ある、マンガを教えている学校の先生たちがきました。

プロの作家さんとか。非常に評判がよかったのでデジタル時代の作家がどうしていくんだ。と、あと作家だけでやってもあれなので、今、こういうところに関係するもちろん新人漫画家がいて、編集者さんたち、漫画の教育機関の方々と、漫画ビジネスに参入してきているIT企業の方たちがたくさんいるんですよね。

そういう人たちとか関係の人たちを呼んでそういうシンポジュウム的な物を開いていこうと思っています。

アメリカにはゲームデペロッパメンズカンファレンスという会議がありまして、去年ボクは行ってきたんですよね、これ何かというと、今、日本で一番大きいイベントは、同人抜くとアニメジャパンというイベントで10万人集まるんです。コミケは50万人で別格なんででおいといて。

ゲーム業界ではアメリカで、E3という十万人、二十万人来るすごいイベントがあって、それはファン向けでやるんですよ。

新しいゲームはこんなんですよ。とか。

一方でGDCというデベロッパー、つまり作り手側の人たちのイベントなんですよね。

30年くらい前に任天堂がアメリカに進出した頃に、アタリってアメリカにあったゲームメーカーが苦境に陥ったんです。もうアメリカのゲームなんかぜんぜん売れなくなっちゃって、やばいんじゃないか、と思った人たちが最初は12人のサードパティーから始まって、それから30年、ひたすら作り手の人たちが集まって会議するというカンファレンス。

今では、もう二万人のプロが世界中から集まって、やる内容は、ゲームのストーリーの作り方、ゲームのプログラミングの仕方、どうやって売るのか、それと、性表現、暴力表現をどうするのかなど。そういうような事をここで一週間かけて200くらいの会議とかセミナー、展示などをしたり、エンジニアの人たちが、どこに行って働くかというそういうリクルーティングをしているんです。

これって、今の漫画業界に同じように関係者横断して集まる場は存在しないですね。

さっきちょっと言いましたけど、二十年くらい前の漫画業界はうまく行ってたんで、別にいらないですよ、そんなものは、うまく行ってる時は。

でも、かなり変わらなきゃいけない時代だから、みんなで話をしなきゃいけないし、こういうものを作らなきゃいけないだろうと思うのですね。そこで、マンガデベロッパーズカンファレンス(MDC)。というのを前からやりたいなと思っていて、京都でさっき言ったイベントをやったのも、デジタルシフト、デジタルが浸透していくにあたってそういったものが必要であろうと、思って、やってみたらやっぱり受けたんで、今後ちょっと、MDCというのをやってみようとですね、今、徐々に色んな会社さんに協力を、要請したり、作家さんにもこれから話していこうとしていまして、先生にももちろんよろしくお願いします。

これがGDCの写真ですけど、インディーズの表彰式の絵なのですが、これつまりゲーム業界全体の新人賞なんですよ。

ここで賞とったり人気あると新人のゲームが凄く沢山売れるんですよ。

それで大手の企業にスカウトされたり、

自分の会社を立ち上げたりするのですね。

 

鍋島

なぁるほどですね。

 

菊池

今、漫画の業界でちょっと難しいなと思っているんが、こういう総合新人賞みたいなのがないんですよね。

各雑誌とか、あるんですけど全体を見て、この人がいい、っていうのを売れている漫画ではなくて新人でやるってのは重要かなと思ってて、そういういのできたらいいなぁと。

デジタルをテーマにイベントやったり、出張編集部的な物もひっくるめて、やってみたいなぁとやってみたいなぁと思っています。

外向けで発信したのは今日が初めてなんですけどね。

ご縁があればぜひ、ご協力、ご参加お願いします。

 

鍋島

以上、菊池健さんでした。

今日は有意義なお話をありがとうございました!

 

(会場、万雷の拍手。)